プエラリアを飲まない方がいい周期は?
アレルギー

プエラリアを飲まない方がいい周期は?

女性の美を一層輝かしてくれるものとして「プエラリア」が注目を浴びています。
試してみてその効果を実感している人も大勢いるはずです。
しかし、プエラリアはその効果から飲まないほうがよい周期があるのです。

芋科の植物プエラリアは、女性ホルモンエストロゲンと同じ働きをするため、女性らしい身体つきをキープすることができます。
女性の健康には女性ホルモンの分泌が大きく関わっています。
このホルモンが安定していないと、情緒不安定になったり、体調を崩してしまうのです。
生理周期が乱れたり、更年期障害が出たりするのもこのせいなのです。
そのため、女性の健康をサポートしてくれるものなのです。

基本的に食品なので、いつ飲んでも問題はありません。
特に生理が終わり排卵日にかけてを卵胞期といい、女性ホルモンエストロゲンの分泌が活発になります。
この時期にプエラリアを摂取すると、エストロゲンをさらに増加させ体調や精神、肌や髪の毛をつやつやにし調子をよくしてくれるのです。

しかし、排卵日を過ぎると今度はプロゲステロンという物質が多く分泌されます。
このプロゲステロンが分泌されている期間はプエラリアの摂取を控えたほうがいいのです。
エストロゲンとプロゲステロンの二つの物質がバランスよく分泌されることによって女性は健康を保っています。
プロゲステロンは、妊娠に関わる大切な働きをします。
この働きを邪魔をしてしまうと、頭痛や吐き気など身体に異常が現れます。

また、生理中もエストロゲンの分泌の関係によりプエラリアを摂取するとホルモンバランスが崩れます。
それにより、具合が悪くなったり出血が多くなったり生理が長引いたりするのでこの時期に摂取することは控えましょう。"

女性にとっての生理周期は、身体の変化が著しく、サプリメントを摂るには注意しなくてはいけない時期です。
しかし、ホルモンの仕組みを知ることでますます効果が上げられます。
これらのことに留意してプエラリアを利用してみてください!