プエラリアサプリの純度と成分について
アレルギー

プエラリアサプリの純度と成分について

プエラリア製品を選ぶ際に気になるのはその純度です。
サプリメントは純度が高い程効果が現れやすいのです。
添加物だらけの製品は効果が低いどころか身体の害にもなります。
今回はプエラリアを選ぶ際の純度と成分について説明します。

マメ科クズ族の植物であるプエラリアはタイやミャンマーの山岳地帯に自生しています。
植物性のイソフラボンが大豆よりも40倍も含まれています。
女性ホルモンエストロゲンを活性化するフラボノイドの一種であるゲニステインやダイゼイン、プエラリン、ゲニスチン、ダイジン、ミロエステロールなどが含有される成分として挙げられます。
これらの成分は女性ホルモンのバランスをとる作用があるので、女性特有のトラブル全般に効果を発揮します。

特にプエラニンにはバストアップ効果があるので、女性専用のサプリメントと言うイメージが強いのです。
また、ミロエステロールは強力なエストロゲン活性効果があり、これもバストアップを助ける要因となっているのです。

これらの効果をダイレクトに得たいなら、純度を重視することが重要です。
なぜなら、プエラリアと言う植物を多く採ることは難しく、非常に希少価値の高いものだからです。
そのため、他の成分を水増しした粗悪な製品が出回っているのが現状です。
偽物を摂取したところで効果はほとんど得られません。
それどころか、毒性を持つ植物を使用している可能性も高いので、出所の分からない製品には手を出さないで下さい。
出来れば日本で製造されたサプリメントを選んでください。
純度の高い製品は、その表示を確認することで分かります。
しかし、純度の高さを謳っている製品は数多くあります。
インターネットを利用して口コミサイトで意見を見てみるのもよいでしょう。

純度が高いものは、成分の効果が高いので一日の摂取量を守らないと副作用を起こす可能性があります。
プエラリアの上限摂取量は200mg~400mgです。
良質な製品であれば、多量に摂取する必要もありません。
少しずつでも毎日続けることによって安全に効果を実感することができるのです。